Table-Based Interactive System for Augmenting Japanese Food Culture Experience

 和食は自然の尊重という日本人の精神を体現した食に関する社会的習慣として評価され、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された。しかし実際の食事では味、食材、食器、盛り付けなどの味覚や視覚情報に限られ、和食の文化的な特徴を十分に知ることは難しい。

 本研究では、食事を進めていくことで、卓上にプロジェクターで投影された自然環境の季節が進み、献立や料理に関連した文化的背景などをテキストで表示することで、季節感や素材を大切にするなどの和食の特徴を伝えるシステムを実現した。

 アンケートの結果からシステムの体験を通じて、利用者に和食は自然の豊さや季節に支えられ、伝統行事にも影響していることを伝えることができた。

© Kei Kobayashi
Washoku.jpg
Washoku2.png
Washoku3.jpg
Washoku4.jpg
Washoku5.jpg